有料老人ホームの種類

有料老人ホーム 種類には、入所者の目的に応じてさまざまなものがあります。
これらの老人ホームは、比較的健康な人が利用するもの、必要に応じて訪問看護のサービスを受けることができるもの、介護が必要な人が入居するもの、の3つに分かれています。
比較的健康で、介護が要らない高齢者のみを対象にした有料老人ホームには、健康型のものがあります。
この老人ホームは、介護を必要としていない自立している高齢者のみが入居できるため、もし介護が必要となった場合は退居しなければなりません。
また、この老人ホームは介護保険の適用を受けることはできません。

次に、必要に応じて介護を受けることができる有料老人ホームは、住宅型と呼ばれています。
こちらの老人ホームは、特定施設入居者生活介護を受けていない人が入居対象となっており、施設の職員は基本的に介護サービスを提供することはありませんが、介護が必要となった場合は、訪問介護や訪問看護および通所介護などの居宅介護サービスの対象となり、オプションで外部の介護施設と契約をして介護サービスを受けられます。
なお、この老人ホームでは、居宅サービスの対象となると介護保険の適用が受けられるようになっています。

介護が必要な人が入居する老人ホームは、介護付老人ホームと呼ばれています。
この老人ホームは、特定施設入居者生活介護に指定された高齢者が入居できるようになっています。
この老人ホームでは、介護、食事のサービスを受けながら施設で生活し続けることができるほか、24時間体制で看護職員が常駐しているという特徴があります。
また、ここでは、ケアマネージャーが計画した介護サービスに準じた食事や入浴、排泄などの身体介護を受けたり、掃除や洗濯といった生活援助を受けることができたり、健康相談やリハビリ、レクリエーションの介護サービスも受けることができます。
なお、この老人ホームでは、特定施設入所者生活介護の介護保険の適用を受けることができます。

Under

サイトマップ